不動産担保ローン比較 HOME > デメリットも知っておきたい

不動産担保ローンのデメリット

大切な財産を手放してしまわないよう、担当者としっかり話し合いましょう
不動産担保ローン
後悔しないためにも、不動産担保ローンのデメリットも知っておきましょう。

■不動産を所有していないと利用できません
不動産を担保にお金を借りますので、当然ですが土地や建物といった不動産を所有していないと、不動産担保ローンを利用することができません。

■財産を失うことにも
もしも将来借入金額を返済できなくなった場合、担保に入れた不動産を手放さなければならない、つまり不動産を売却して返済にあてなくてはなりません。 大切な財産を失ってしまうことになります。大口融資が可能な商品なだけに、計画性を持って利用しましょう。

■担保物権を確認しましょう
所有している不動産に「抵当権」や「根抵当権」といった、何かしらの担保物権がついていると担保不足と見なされて、希望する金額を借り入れることができない場合があります。 金融機関、業者の窓口で担当者としっかり話し合って、きちんと確認しておきましょう。

■不動産価値を確認しましょう
所有している不動産の担保価値が、借り入れ希望額の担保を保全するのに不十分である、と判定された場合、他の不動産を追加で担保に入れるように要求されることがあります。
こちらも、金融機関、業者の窓口で担当者としっかり話し合って、きちんと確認しておきましょう。

不動産担保ローンを利用したいと考えている方は、上記のことを十分考慮し、金融機関、業者の窓口でよく相談して話を進めていくとよいでしょう。

※デメリットではありませんが、不動産担保ローンを扱う業者の中には悪質業者も存在しています。不動産という大切な財産を失ってしまわないためにも、インターネットなどを利用して十分に情報を収集することをお奨めします。

不動産担保ローンを特徴から探そう

不動産担保ローンの比較ならお任せ!日本最大級のローンデータベースから簡単に検索することができます。