不動産担保ローン比較 HOME > 利用時に注意すること

不動産担保ローン利用時に注意すること

高額融資・低金利・長期借入が可能など、不動産担保ローンにはメリットはたくさんあります
不動産担保ローン
何かと便利な不動産担保ローン。不動産担保ローンを取り扱っている金融機関、業者は数多く存在していますが、ご利用になる際は次のことに注意しましょう。

■信頼できる会社ですか?
大事なことは信頼できる金融機関、業者を利用することです。残念ながら、悪質な業者も多く存在しています。知人から評判を聞いたり、インターネットなどを使用して情報を収集しましょう。 口コミ情報を参考にするものよいと思います。

■登録認可を受けていますか?
金融機関の登録番号を調べることも目安の1つになります。
まず、銀行や信用金庫などの預金を扱う金融機関は金融庁の免許が必要になります。銀行は銀行コードが割り当てられます。金融庁のホームページで銀行や信用金庫を調べることができます。
一方、預金を取り扱わない金融機関が金融業を営むには原則的に都道府県または財務局の登録認可が必要になります。これは貸金業法に基づくものであり、貸付広告面に必ず[都(3)000××××号][関東財務局長(3)00××××号]といった 表記が義務づけられているのです。
したがって、登録番号の表記がない金融業者は悪質業者である可能性が非常に高いです。 悪質業者の場合、何度も商号の登録を行うことが多く、数字が(1)となっている可能性が高いため、こうした金融業者をご利用になる際は十分にお気をつけくることが大切です。
※登録番号が(1)でも一概に悪質業者だと決め付けないでください。例えば支店統合で複数店舗が一店舗になれば、登録番号は(1)となる場合もあります。

■きちんと計画を立てていますか?
大口の融資を受けることができる不動産担保ローン。キャッシングやカーローンといった無担保ローンよりは金利が低くなる可能性が高いため、既に借り入れがある方は複数ローンをまとめることで月々の返済も楽になると思われます。
ただし計画性なく利用した結果、膨大な借金を抱えてしまった、という現状が存在するもの事実です。不動産担保ローンを利用する際は、金融機関、業者の窓口でしっかり相談にのってもらいましょう。
借りたお金であるという自覚を持ち、無理のない返済計画を立ててご利用ください。

不動産担保ローンを特徴から探そう

不動産担保ローンの比較ならお任せ!日本最大級のローンデータベースから簡単に検索することができます。